38歳から始まりました

38歳で結婚、田舎へ移住。現在39歳。急にやってきた変化に驚きつつな日々

風疹の抗体検査、ワクチン、どうする??

今朝は二度寝をしてしまい、起きたら8時。

6時の町内放送のモーニングオルゴールに目覚めることなく寝続けてしまいました。

そしてご近所さんから早朝テレフォン。

かりんが採れたので要らないか?と。

私の顔ほどの大きなかりんを2ついただきました。

 

みなさん、かりんって見たことありますか?

私はこちらに引っ越してきて、初めてかりんとご対面でした。

私の大好きなクチナシの花のような香りがしてとても香りよい果実です。

ネットで食べ方を調べると、香り高さとは裏腹に、渋みが強くて生で食べることはできないそうですね。

砂糖煮にして食べてみようと思います。

色々いただけてありがたい日々です。

 

話は変わって。

テレビを見ない生活なので、情報がネットのみになっている現状ですが、風疹が流行っているんですね。

母に確認したところ、私は母と一緒に幼少期にかかっているそうなのですが、その罹患が絶対に風疹だったのかという確信がないため(あれば免疫を持っているので大丈夫なのですが、)まずは抗体検査をしようかと悩み中。

母に既感染と聞くまでは、抗体のあるなし関係なく打ってしまおうと思っていたのです。

抗体があっても接種したことで悪影響はないようなので。

そして知らなかったのですが、風疹ワクチンは生ワクチンなので、接種後は2か月避妊が必要とのこと。

ええ、2か月も⁉

そしてそして。

市の無料の抗体検査は結果が届くまで4週間ほどかかるそう。

ってっことは下手すると3か月は間を開けないといけないのか。

ただいま39歳後半、時間がもったいないに分配が上がってしまいますね。

やはり既感染にかけてみる(抗体検査を受ける)ことにしたくなります。

 

でも、妊娠していることに気づかずにワクチンを接種し、先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれたという報告もないそうなのですがね。

理論上のリスクのためだそうです。

( こちらの国立感染症研究所のQ&Aを参考にしています。風疹発症後の妊娠について

来週にでも近所の病院へ抗体検査に行ってみようと思います。

抗体、ありますように!!