38歳から始まりました

38歳で結婚、田舎へ移住2年目。現在40歳。田舎暮らしに、不妊治療。急にやってきた変化に驚きつつな日々

めくるめくお掃除な1日

極寒ですね。

昨夜は常夏のインドネシアからド田舎に帰ってきての久々の夜。

ボアの敷きシーツも出動させましたが、寒過ぎて中々眠気も襲ってこず。

夫婦ともにのび太の寝つきの良さですが、昨晩は少し間がかかりました。

夫に至っては夜中に2回もトイレへ行ったとのこと。

今日は絶対に電気毛布を出すぞと心に誓いながら寝入りました。

 

そして6時の町内放送オルゴールラジオが鳴る頃、真っ暗すぎてびっくりします。

まだ鶏も起きんでしょ。

もちろん2度寝。

光が差し込む8時半に起床。

 

昨日お義母さんが持たせてくれた林檎と柿を朝ごはん用に剥いたのですが、この時期の皮を剥く果物って凶器ですね。

手が冷たくて涙。。。

母の愛、、、、

 

腹ごしらえが済んだらさっそく大掃除開始。

明日には大阪へまた旅立つのでできる日は今日しかありません。

 

私は台所一点張りで勝負。

冷蔵庫、コンロ、食器棚、換気扇、シーリングライト…etc

狭い空間なのに汚れがぎっちり詰まってる!

 

幸い旅行に出ていたので、冷蔵庫の中身は最小限。

ありがたや。

 

食器棚のカビチェックもドキドキしながら実行。

やはり風の通りが悪い1か所だけはアウトでした。

もうマメに拭くしかありませんね。

 

ハイライトはシーリングライトでした。

夏の間に明かりに向けてダイブを繰り返していた虫の無数の屍たちが。。。

 

ぎゃー

ある程度覚悟はしていましたが、まさかこれほどまでとは、、、

光を目指した先に一体何が見えたのでしょうか。

 

私がぐるぐると台所で回り続けている間に、夫が外回りと他の部屋の拭き掃除をしてくれました。

ありがたや。

 

16時にようやく終了。

私の田舎手仕事メンターであるお向かいのおじちゃんにも久々にご挨拶。

実家に帰る用にと大量の餅をいただきました。

 

ありがたーい!

さぁ、明日からはまたしばらく食っちゃ寝生活。

だらだらだわー。