38歳から始まりました

38歳で結婚、田舎へ移住。現在39歳。急にやってきた変化に驚きつつな日々

初の電車帰省、無人駅の難解さよ

昨日から夫を置いて、お先に実家に帰省しております。

一人なもので初、電車で帰省。

最寄り駅は家から車で15分

無人駅です。

切符売り場はございません。

あるのは「ワンマンカーの乗降案内」のみ

雨の中、しっぽり駅に到着。

すでに旅情感たっぷり

ワンマンカーの乗降案内通り、電車のドア付近にある整理券をとる。

乗り換え駅は有人駅のため、すでに乗降案内に書かれていた「運転士さんに料金を払う」が役に立ちません。

次は私鉄乗り換えなので、取り敢えず乗り換え線へ移動。

私鉄乗り換え案内通り6番出口方面へ。

6番、6番っと案内通り進むと出口と思っていた番号は出口ではなく6番線のこと。

 

6番線には私鉄が停車中

 

え?

え?

 

私鉄乗れちゃいますよ?

 

って、改札出ていませんけど??

 

私の39年間培った常識ではJR側の改札&私鉄側の改札を2回通るはず。

 

が、しかし。

改札なしのまま、私鉄ホームへ。

私の手にはJRの整理券のみ。

 

え、このまま私鉄乗ってしまって大阪に着いたらどうやって私の乗降を確認するの??

謎過ぎる。

 

大阪に着いてからがややこしいと嫌なので、一度出口(私鉄側の)へ

 

駅員さんに「あのぉ、JRの運賃どこで支払うんですか?」と聞いてみると

「ここで払えますよ」

 

え、私鉄側でJRの支払可能?!

 

もう色々謎過ぎです。

 

よくわかりませんが、言われるまま支払い一旦改札を出て、次はICカードで通りました。

 

いやはや。

無人駅からの私鉄乗り換えの難解さよ。

 

これキセルし放題やないのかしら?

 

無人駅こそ車内にICカードリーダー置いてほしい。

 

次の乗り換えまで40分

本読んだりうたた寝してる間、隣に座ったスーツケース女子はずっとお化粧。

 

すげぇ。

私の1週間分の化粧タイム

 

どんなに変わっていくのか正面から見たかったです。

 

無事に大阪へ着き、実家の上げ膳据え膳を満喫中。

 

連休明け帰るまでにお腹周りが冬支度万全になりそうです。