38歳から始まりました

38歳で結婚、田舎へ移住2年目。現在40歳。田舎暮らしに、不妊治療。急にやってきた変化に驚きつつな日々

受精卵、1週間後の確認をしました

今日は夫が車を使っていたので、雨の降る中を自転車でバイト先へ。

走り始めてから、なぜ私は下しかカッパを履かなかったのだろうと、傘で防げない雨粒を背中に思いっきり受けながら自分を悔いていました。

 

しかも着くちょっと前に小雨になるという。

雨の自転車なので、余裕を見て早めにと出発したのがおもいっきり、仇。

せめてあと数分遅く出発すればよかったです。

 

バイトの出勤前。

前回の先生との電話で言われていた通り、1週間後に受精卵の状態を電話で確認してくださいとのことでしたので、本日は電話日。

 

前回の電話は夫もそばにいてくれたのでよかったのですが、今回は夫仕事で不在のため、一人で電話。

 

めっちゃ緊張。

受精していた卵子は3つ。

そのうちいくつ順調に育っているか⁉

どきどきどきどき。

 

緊張の電話。

受付の方の声。

受精卵のその後の確認であるとお伝えする。

しばし保留音の後

 

「ごめんなさいねー」

あぁ、また。。。

 

先生処置中。

空振り。

10分後に掛けなおしてとのこと。

 

緊張状態続行。

その後、何度も掛けなおすも話し中で繋がらず。

 

そうよね、みんな予約の電話とか、同じように確認の電話するよね。。。

 

ようやくの電話で繋がった。

しばしの保留音のあと先生ではなく、女性の声。

先生のタイミングと遭わず、また掛けなおしに。

ちーん。

 

緊張状態が続いていることも相まってイライラ。

けど、電話口の人に当たったって仕方ないし、先生の忙しい外来見てたら仕方ないのもわかるし。

 

でもこの電話掛けなおすシステム非効率じゃない??

せめて1コールで繋げなかったら次はクリニックから掛けるようにした方が早いのでは。。。

 

悶々としながら時間を過ごす。

 

夫には8時半に電話すると言っていたのに、もう9時。

私から連絡がないので絶対気を揉んでるはず。

すまんな、夫。

 

次の電話で繋がらなかったら次は向こうから掛けなおしてもらうように言ってみよう。

そう決意してコール。

決意が電話口に繋がったのか

「あぁ、もしもしgyozatobeerさん?」

先生の声で、一気に緊張MAX

 

結果やいかに!?

 

1つ凍結できましたよ。

 

よかったーーーー!!!

 

全部だめかもともちょっと思っていたので、1つだけでも生き残ってくれていてホント嬉しい。

次は生理が始まったら5日目までに来院予約をとって移植についての相談をしましょうとのこと。

よかったよかった。

 

電話を切った途端に電話が鳴りだす。

夫からでした。

 

ごめんねぇ、今さっき電話切ったとこ。

1つ凍結できたよ、と伝えると安心した様子。

良かった、良かった。

 

事前に初期胚から胚盤胞まで育つ確率は約30~50%くらいというのを調べていたので、40の高齢なので、確率は30%に近いんだろうなーと思っていました。

けれど、最悪のケースすべてアウトもありえるのでホント先生の結果を聞くまでどきどきでした。

 

育ってくれてありがとう。

このまますくすく順調にお願いします。

 

興奮のまま電話を切ってしまったけど、凍結肺移植のざっくりしたスケジュールを聞けばよかったととても後悔。

バイトがシフト制なので、事前に出勤日を伝えないといけないんですよね。

いけるのか、いけぬのか。

また注射や診察通いをしないといけないのか。

病院に電話して要確認だな。

 

取り敢えず、今日は祝杯。

ありがとう、胚!

生理が来ました

畑の夏野菜シーズンが終了しつつあるので、現在畑のメンバー更新中。

晩秋~冬の収穫のためにいそいそ種まき&苗づくり。

ご近所さんにいただいた白菜の苗を定植していたら、雨。

ギリギリセーフで間に合いました。

頑張って育っておくれよ~。

 

さて。

私の体ですが、電話での先生の説明通り、採卵後4日で生理がやってきました。

なので、今回の生理周期18日。

短っっ!!

 

昨晩遅くに始まったのですが、最近の生理と違う。

最近の生理の出だしはゆっくりだったのですが、今回はスタートからすごい。

出血量ハンパねぇです。

 

やっぱり採卵前で女性ホルモンをフルスロットルで注入していたせいでしょうか?

長時間用のタンポンが3時間弱で吸収できなくなります。

いつも以上に頭がぼーっとします。

 

出血は大変ですが、生理痛自体は気にならないのでありがたいです。

 

若かりし頃はあまりの生理痛のひどさで吐いたこともあるほどでした。

一度はあまりの痛がりように心配した家族が病院へ連れていってくれて、朦朧とした意識の中、歩けず車いすで運ばれ(運ばれた最中も確か吐いた)、内診後、異常はなく痛み止めの注射を打ってもらってようやく治まったということもありました。

母も姉も私もひどい生理痛だったので、生理痛を誘引する因子に遺伝的な要素があるのかもしれませんね。

 

なもんで生理痛と経血量の多さ、どっちを取るか⁉と言われると秒で「経血」と返事します。

 

痛まないのありがたい。

 

1日ぼーっとしてふわふわでした。

 

そして、その翌朝は久しぶりの片頭痛発作。。。

夫のお弁当を作っていたら片頭痛発作の前駆症状である、目のチカチカ感(閃輝暗点というそうです)が発生。

 

嘘だろーと焦る。

前駆症状のある片頭痛発作持ちの方はご存知かと思いますが、この時間の対処が最も大事なのです。

前駆症状が過ぎると次は猛烈な頭痛、最後に吐き気を催してフィニッシュ。

 

なぜか吐いてしまったら良くなるのです。

なので、吐き気を催し始めたらしんどいのですが、「あぁ、ようやく解放される。。。」と安堵することもありました。

 

片頭痛の発作が始まると通常の痛み止めでは効かないので、片頭痛用の特別な痛み止め(1錠数百円しました)を内服していた時期もありますが、一番の対処法は

「痛んでくる前に寝てしまう」

これがベストです。

先手必勝です。

 

前駆症状が出ている間にロキソニンを飲み、部屋を真っ暗にして(目のチカチカがましなのです)痛み止めの眠気を利用して寝てしまう。

そうすると痛む前に飲んだ痛み止めが効いているためか、頭は重いのですがあの不快な頭痛は意識のある状態で経験せずに済むのです。

 

これがわかった時、泣きたくなるほど嬉しかったです。

 

そんな急に眠ったり仕事中にできないよと思うかもしれませんが、そこにいたって座っていられないほど痛いのです。

何にもできないのです。

あの痛みを経験せずに済むならば私はどこでだって寝ます。

 

ということで、夫のお弁当を作り上げると、寝床へカムバック。

前日の睡眠不足もあってか3時間ほど眠れました。

起きるとすっきり。

 

はぁ、よかった。

 

なんか、痛みばかりの内容になってしまいましたが。。。

 

次は受精卵が無事育っているかの確認。。。

緊張しすぎる。。。

 

 

 

受精成功か否かの電話確認しました

台風がまたまた発生してしばらくぐずついた天気が続きそうですね。

秋晴れの日ってこんな少なかったかなと思う今日この頃。

 

山間に住んでいる私たちですが、少し遠出して漁港のある町にお魚を食べに行ってみようとルンルン出掛けたのですが、ガチ漁港過ぎて、お食事処見当たらず。。。

土産物屋さんで聞くと、魚市場にあった唯一の海鮮屋さんも今年の夏から閉店したらしい。。。

 

ちーん。

 

観光地とセットになっているような港町じゃないと、お食事処ってないものなんですね。

 

さて。

採卵日に先生から卵子が無事受精できたかどうか翌日の8時半に電話で確認してくださいと言われていました。

gyozatobeer.hatenablog.com

 

かなり緊張の電話。

いったい、誰が合否を伝えてくれるのだろうか。

まさか受付の人ってことはないよね。

看護師さんかなー。

 

朝ごはんの支度をしつつ迫りくる時間。

起きかけの夫の枕元に座り

「電話しようと思います」

と伝えると珍しく夫が秒で覚醒。

 

ドキドキしながら電話。

いつもの受付の方が電話口に出て、しばらくお待ちくださいと。

緊張を増す保留音。

保留音が切れ、受付の方の声が聞こえる

「ごめんなさい」

うわー、あかんかったんか。。。と奈落の底に落ちそうになっているところに続きが聞こえた

「先生が内診中で電話に出れないので、もうあと5分したら掛けてもらえますか?」

 

あ、そうなの⁉

緊張し過ぎて過敏に反応し過ぎてた。

電話を切って一旦リセット。

まさかあの忙しい診察の合間に先生が電話で説明してくれると思っていなくてびっくり。

そっか、やっぱり責任重大な報告だから先生がするのか。

 

5分後改めて電話。

今度こそ先生に繋がりました。

 

「卵やけどね、精子の状態も問題なくて3つとも受精できました。」

やったーーーー!

隣で聞いていた夫がぎゅっと手を握り返してくる。

「このまま様子を見ていくから1週間後また確認の電話ください。」

はい!わかりました。

「たぶん1週間ぐらいで生理くると思うからびっくりしなくていいから」

やっぱり、そうなのね。

興奮状態のまま先生との電話を切り、1週間後の電話をカレンダーの予定リストにいそいそいれる。

 

よかったー!!!

取り敢えず第二段階突破。

頑張ったね、私の卵&夫のおたまじゃくし

 

第二段階突破は非常に嬉しいが、次はそうなると第三段階が不安で仕方ない。

3つとも上手く育ってくれるといいんだけど。。。

 

不安と悩みは段階を追うとともに消えることなく続いていくなー。

これからずーっとそうなんやろうな。

 

1歩ずつ頑張ろう。

 

そして最後に先生が言っていた生理。

内服の黄体ホルモン剤止めてから思春期並みに胸が痛い。

めっちゃ生理前の状態だったので、予定の2週間もつんだろうかと思っていたのです。

こんだけホルモンむちゃくちゃにコントロールしてたら生理も3週間で来るわよね。

 

なもんで、生理の時期が不明なので昨日からまた基礎体温測りはじめました。

体温下がったら生理くるかなーと。

 

次のXデーは1週間後。

3卵たち頑張れー。

 

 

採卵しました

ご近所さんに栗を大量にいただきました!

これは渋皮煮を作りなさいという思し召しでしょう。

頑張るぞ!

 

さて。

タイトルの通り採卵日です。

7時50分までに到着という往復3時間の身には辛い時間設定。

今日は5時起き。

5時ってもう真っ暗なんですね。

天気も悪いしなおさらか。

目覚ましのアラーム鳴って起きても夜ですよ、夜。

 

朝ごはんは抜きで来てくださいとのことなので、飲み物だけ。

前回卵管造影時にお腹が減って死にそうになったので、終わったらすぐ食べられるようにパンも準備。

空が薄墨色から明るくなってきました。

 

出発の車の中はやや冷蔵庫の温度。

さっぶー。

 

さすがに6時出発だといつも朝混んでいる道もスムーズです。

7時半到着予定が7時過ぎに着いてしまいました。

駐車場もどこでも止め放題。

 

まだ開いてなかったらどうしようと思いながら行くと、バッチリ開いてました。

受付でリストバンドをもらい自分で名前を記入。

早く着き過ぎたので、着替えるまで待合室で待機。

 

名前を呼ばれ、回復室でお着換え。

検査着の下は真っ裸。

結構冷房利いているので靴下履いてきて正解。

 

名前を呼ばれいざ、内診室へ。

めっちゃ緊張‼

痛いかな、痛いんやろな、痛くないわけない。

私の病院は採卵時の麻酔は実施しなくなったそうです。

麻酔自体のリスクも高いですもんね。

 

ドキドキと共に内診台へ。

緊張で体がこわばっているせいか、エコーすら痛く感じる。

エコーで確認後、中も外も消毒。

クスコを入れて中をガンガン消毒・洗浄するのですが、それすら痛い。

どうしても内股に力が入る。

 

いよいよ本番ということなのか、看護師さんがカーテン越しではなく私の方側に来てくれて横で声を掛けてくれる。

私が注射に通っていた間ずっと打ってくれていた顔なじみのベテラン看護師さん

安心できる。

 

エコーをしながら採卵の器具が挿入されている感じ。

いつものエコーと違ってぐいっと押して固定するみたいでエコーも痛い。

そして器具が奥へ奥へ行く感じ。

何と表現したらいいのか。

お腹の奥でほっそい棒がつんつくつんつく突いてくる感じ。

激痛ではないけれど、痛い。

痛い。

痛い。

大きな深呼吸をしながら耐える。

看護師さんが時々手を握ってくれて大丈夫、順調順調と声を掛けてくれる。

エコーが抜けて終わった!と思ったら次反対。

看護師さんが「もうちょっと頑張ってな、根こそぎ採るわね」と声を掛けてくれたのに笑った。

はい、根こそぎお願いします‼

 

ぐいぐいと私のコントロールの効かない部分が押される、突かれる。

ううぅぅぅぅ。

「足、ぱたんと外側にね。」

知らず知らずに足踏ん張っている。

 

その後、スポンっという音。

あ、吸い込みきったのかな?

消毒し、安静の間止血のガーゼを膣内に挿入。

 

終わったよ~、大丈夫?立てる??と看護師さん。

はい、大丈夫です~。

 

回復室に戻り30分の安静。

寝れるかなと思っていたけど、ずーんずーんと下腹が疼き、眠れはしない。

安静時間が終わって内診し、止血の確認。

 

私の卵子が無事採れていたら、夫は今頃採精室でファイトしているはず。

バトンは渡した、夫よ頑張れ!

 

その頃夫は採精室に案内され、採精カップを渡され、ある注意を受けていた。

カップの中に手を入れたり、話しかけたりしないでくださいねー。」

えぇ!?

 

ダンナさん達もみんな色んな思いを持ってトライしているのだろう。

けど、カップに入れていいいのは唾液ではなくオタマジャクシのみ。

ダンナさん、カップに話掛ける場合はエアーで!

 

私は診察室に案内され採卵の結果報告の受けました。

4つ採卵したけれど、そのうち1つは変性卵だったそう。

なので、採卵数は3つ。

この3つが受精卵になれる可能性を秘めている。

上手く受精卵として分裂できていれば凍結に進むとのこと。

翌日の8時半に電話で確認してくださいと。

 

えー、そんな重要な電話をす明日しないといけないのか。

めっちゃドキドキする。

 

人生でドキドキする電話ベスト3には入るはず。

 

仕上がった夫と落ち合い、お互いの報告を。

夫はさぁ、そろそろ挑もうと思った瞬間に室内のDVDが動かなくなりプチトラブルだったそう。

自力でなんとか頑張りきったそうです。(笑)

 

いたし方ないんですが、受精卵を作るための大切な精子を見ず知らずのDVD上の女性に任せるしかないのはなんとも妻として、複雑な気分ですよね。

 

そんな感情的なこと言っても仕方ないのですが。

色んな人の手を借りて、体外受精が成り立ってるんですね。(笑)

 

採卵後の抗生物質をもらって帰路へ。

 

ドキドキお会計は採卵数3つだったので、結構抑えられました。

約8万8千円

 

下っ腹の張りは続いていますが大丈夫。

それよりも狂ったホルモンバランスの精神的なしんどさが辛い。

恥卵時と生理前の症状が一気に出る感じ。

 

今日はゆったり過ごそうと思います。

明日!緊張するー。

排卵誘発始めました

暑くなったり、寒くなったり。

体調がついていきませんね。

 

晴れの日も雨の日も台風の日も3連休も。

往復3時間かけてHMGの注射を打ちに通いました。

 

3連休最終日の帰り道に縁石に乗り上げ、タイヤがパンクし、ホイールまで歪ませてしまった時は詰んだと思いました。

近くの車屋さんのおかげでホイールも交換せずに治していただき、命拾い。

 

公共交通機関が不便の極みである田舎では

車が使えない=指定の時間に行けない=移動手段死ぬ

です。

 

なんやかやとありましたが、注射期終了でございます。

24日に採血と内診を行い採卵日は26日に決定。

24日の夜に排卵誘発をする点鼻薬ナファレリールを22時と23時に点鼻してくださいとのこと。

「これちゃんとできてなかったら排卵できないからね」

という先生の非情な脅し(に聞こえてしまう)に緊張しまくり。

 

22,23時の5分前にアラームを設定しいよいよ実施。

人生で点鼻薬を使用したことがなく、説明書は熟読したもののどういう点鼻が「うまくいった」点鼻なのかがわからない。

それゆえ不安しかない。

 

息を吸い込みながらプッシュするのか(2つの連動動作ができるのか?)

もしくは、プッシュしてからすぐ吸い込むのか

 

緊張の一瞬。

数回シミュレーションを繰り返し、いざ実践!

 

(息)スー(薬)ぷしゅっ(息)スーッ

 

息の間に薬挟み込み作戦で実践

 

鼻の壁に当たっているので↓こんな風に噴霧できてるのかわからない

ãå´é§ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

薬が上手く出て行ったか実感がない。

怖い。。。

 

先生が

「上手くいかんかったらもう一回してもいいから」

と、言っていた。

 

怖かったのでもう1プッシュ。

喉の奥にたれ流れてきた液が猛烈に痛い。

プールで鼻に水が入った時と同じ。

猛烈に鼻をかみたいがかむわけにはいかず。

 

鼻から喉の不快感を持ち続けたまま1時間。

 

一度気持ちよく鼻をかみ切り、23時の点鼻スタート。

今回は初回より奥を目指して点鼻瓶を鼻に注入。

 

2回目の初回同様、息の間に薬挟み込み作戦で実践

 

(息)スー(薬)ぷしゅっ(息)スーッ

 

おっ、今回はなんか手ごたえあった!!

と思いながらニヤリと瓶を鼻から出すと

 

ポタッ

 

液が鼻から垂れてきました。

うっわ、こんな垂れて大丈夫かいな⁉

取り敢えず、残りの液が垂れないように吸い込む、吸い込む、吸い込む。

 

の、のど痛い。。。

 

おっさんみたいな「カーッ、ペッ」的な痰が吐きたい。。

 

が、できるはずもなく。。。

 

不快な鼻と喉とともに就寝。

 

上手く点鼻できていますように。

いよいよスタート。HMG始まりました②

台風シーズン到来ですね。

田舎に暮らし始めると、台風の怖さを痛感します。

丈夫な鉄骨の建物ばかりの都会ではないので、風の影響をまともに受けます。

私と同い年の我が家。

このシーズンも怪我無く頑張っておくれね。

 

さて。

注射と内服が続いている日々です。

初回の注射を打った後は、お昼時でもあったので久々にとんかつ食べて帰りました。

 

昼に揚げ物を食べたので、あんまりお腹は空いていなかったのですが、夫のためにもご飯を用意しなきゃだし、ご近所さんにゴーヤもいただいたので夜ごはん作り。

 

作っている最中ぐらいからなーんか変な感じ。

胃が変。

まぁ、昼のとんかつが重かったからかなぁとあまり気にしていなかったのですが、ごはんを何口か食べ始めると。。。

 

き、きもちわるい。。。。

 

トイレへダッシュ

 

吐き気というよりも、胃の不快感。

胃が冷たく感じて、しくしくします。

それの緩和策のために吐く、という感じ。

少しだけ吐いて横になると少しマシに。

 

マシになったタイミングでお風呂に。

動ける範囲ではあるけれど、胃腸の不快感は続行中。

この頃になると、胃の不快感というより腸の不快感。

そう。

お腹を壊す前の下半身が悶々している状態がずーっと続いているのです。

 

あぁ、早く下痢したい。。。

こんな願い事をしていました。

 

お願いの甲斐あってか就寝前にようやく直腸にお便りが。

無事に願望達成しました。

すると随分楽に。

 

HMGの注射ってそんなしんどいの??

ネットで調べてもそんなに副作用は出てこない。

でも薬の説明用紙見ると副作用に「下腹部痛、下腹部緊迫感、悪心、腹痛」とある。

お腹が張るって感じがぴったり。

 

翌日も夕方ぐらいからお腹の張り。

げっぷとおならが体中をぱんぱんにしている感じ。

1日目のようなしんどさには至らないけれど、これはこれで地味に辛い。

 

病院で副作用について聞いてもやはり注射ではしんどくなる人はほとんどいないよう。

私が過敏になっているだけなのか?

内服薬は特に症状はなし。

このお腹のガスだまり症状は回数を重ねるとマシになるのか??

と、しょんぼりしていると4日目ぐらいから感じなくなってきました!

よかったー。

消化器症状、まじ勘弁す。

でも人によったらすごい眩暈がしたり、暑くて堪らないって感じたり色々ある様子。

 

副作用があるかもという過緊張状態な部分もあるかもしれないけれど、飲みなれない薬を飲んだり打ったりするのはストレスですね。

 

フルタイムで働きながらだったり、子育てしながら不妊治療を行っている方々、ほんとすごいです。

体調面でも、時間のやりくり面でも。

 

6組に1組の夫婦がなんらかの不妊治療を受けている現在。

治療にトライしてみて初めてこんなに頑張っている人が多いんだってことがわかりました。

 

誰にも打ち明けず、こっそりと夫婦だけで頑張っている人たちがいかに多いのかと、気づきました。

自分たちではなかなか言い出せないですよね。(私たち含め)

 

不妊治療というものが、もはや夫婦のあり方のスタンダードだくらいの勢いで国を挙げてアピールしてくれたり、助成してくれるといいなと思う日々です。

 

 

 

いよいよスタート。HMG始まりました①

急に秋の気配ですね。

我が家は毛布を卒業し、布団生活となりました。

布団ってあったかいですねぇ♡

 

さて。

しんどくて堪らなかったプラノバールを無事に飲み切り、3日後に生理が来ました。

生理6日目の日に受診のため病院へ。

本日からスタートしましょうと、先生。

初回なので、マニュアル通りの方法を実施するとのこと。

私の卵巣機能がもう一つなので、採卵できたとしてもあんまり量は採れないかもしれないと。

まぁ、それは仕方ないです。

 

今日から性腺刺激ホルモン剤であるHMGの注射が始まるので、その前に採血と心電図の検査がありました。

通常の腕から採血する検査と一緒に耳たぶを少し切って止血するまでの時間を測る止血検査も実施。

耳たぶを小さなカミソリみたいなので、ちくっと穿刺。

ピアスを開けて以来の耳たぶへの痛み。

しなれない検査なので、ちょっと緊張しました。

 

そしてようやく注射。

筋肉注射でお尻にブスッと打つそうです。

腕にするとめっちゃ痛いらしく、私の病院は希望であっても腕には注射してもらえないそうです。

 

これから1週間毎日注射。

1週間後に採血して、その結果追加がいるかどうか判定するとのこと。

ま、毎日。。。。

往復2時間の距離を毎日。。。

頻繁に通う覚悟はしていたけれど、まさか毎日とは。。。

 

近くにクリニックなどがあれば紹介状書いてそっちで打ってもらうことも可能とのことでしたが、近くの診療所は例の風疹抗体の判定を見誤った診療所

それ以外にも融通の利かないことが別件でもあったので、紹介状持って行っても打ってくれるか怪しいところ。

しかも打ったら打ったで、別に注射実施代を自費で取られる。

近くで打てたら時間はかからないけど、お金の面では往復の車代とそんなに変わらないかも。

 

それならば通おう。

 

ってことで、初注射。

お尻にぶすっと打たれ、1分ほどもみもみとマッサージ。

これを左右交互に1週間。

雨の日も3連休も打ち続けるそう。

 

それと同時に排卵を抑える内服薬も処方されました。

注射で卵胞を育て、排出は抑える。

寸止め療法ですね。(笑)

頑張れ、私の卵ちゃん!

 

母ちゃん頑張って通うよー!