38歳から始まりました

38歳で結婚、田舎へ移住2年目。現在40歳。田舎暮らしに、不妊治療。急にやってきた変化に驚きつつな日々

特定不妊治療費助成申請について

今日は久々の快晴。

昨日は一日どんよりな天気で寒すぎ、何もする気にならなかったのですが、今日はお日様が出ていたので掃除に勤しみました。

師走の大掃除も兼ねて念入りに。

シーツやカーペット類も丸ごと洗ってスッキリ。

けど、クタクタです。

あんまり腹圧かけないようにしようと思っても、掃除しているとそうもいきませんね。

よいしょっとお腹に力入れて布団干しましたよ。(笑)

 

さて。

今回は特定不妊治療費助成金申請についてです。

9週の検診の際に先生に記載いただく書類を持参しました。

私が住んでいる県では県と町のダブルで申請することができます。

書類は先週役場でもらったので、必要な書類は用意しつつ、先生に書いていただく書類を依頼しに来ました。

申請する治療費を計算するのめっちゃ面倒くさいなーと思っていたのですが、金額欄は病院で記載してくれることがわかり、一安心。

 

医療事務の方から説明があり、私の場合は採卵→受精→胚盤砲の凍結までしたけれど、肺移植は未なのでA~Hの治療内容のカテゴリはDの「体調不良等により移植の目処が立たず治療終了」の範疇に入るそうです。

 

なので、満額助成されるとのこと。

初回は30万円まで助成されるのですが、私の場合は10割負担で支払った不妊治療費はトータル21万円ちょっと。

なので、薬局で払った10割負担の領収書の分も申請可能と教えていただきました。

薬局分も足すとトータル22万7千円ほど。

ありがたい~。

が、しかし。

不妊治療を始める前の夫婦共に実施したスクリーニング検査や卵管造影等の10割負担で実施した検査は「治療」ではないので助成の対象にはならないそうです。

なので、5万円くらいは実費となります。

5万円。。。。

でかい。

いやいや、そんなこと言うても仕方ない!

 

体外受精の場合、県や市、町が助成をしてくれると考えるとタイミング療法や体内受精を繰り返すよりも体外受精を行った方が、かかる治療費が少なく済む場合もあるのかもと感じました。

私のように高齢で採卵数が少ない人の場合は特に。

病院に行く回数、お金、旦那さんの協力体制などなど、どういう風に治療に臨むかは、みなさんそれぞれだと思います。

 

私たち夫婦の場合は、私が高齢だったため、①41歳の誕生日を迎えるまでの1年の間に治療をしたい②手っ取り早く高確率を狙いたい③体外受精をするなら2回までが時間的、金銭的にぎりか?と考えていたため、先生に相談したところ初っ端から体外受精をチャレンジする、ということになりました。

体外受精から始めましたが、先生からは体外受精をしたからそればっかりするんじゃなくて、タイミングをやってみるのもアリだからと言ってくださっていました。

 

まさにその通りで、私は採卵後の翌々月の周期の自己流タイミングで(笑)妊娠することができました。

おそらくや体外受精を実施するためにホルモン補充をばんばん行っていたのが、卵巣機能を呼び覚ましたのだと思います。

 

少しサポートしてあげる刺激さえあれば、妊娠可能な方はきっとたくさんいらっしゃるように思います。

なので、妊娠を希望する女性のみなさま、なるべく早く病院へ行きましょう!

毎月毎月、やってくる生理を見てはがっかりする時間は減らせるかもしれません。

ダンナさん側も病院行くってなった方が、覚悟が決まるし、おなじタイミングをとるでも気持ち(覚悟?)が違ってくると思います。

忙しいご夫婦こそ早めの受診がいいと思います。

 

子どもを持ちたいと思うことは贅沢なことなんだろうか?

私はそう思いかけていました。

 

けれど、病院に通うようになって、話掛けることはないけれど、同士の患者さんがたくさんいて、とてもとても励まされました。

自分だけじゃないってことが実感できただけでも私には収穫でした。

 

このまま順調に我が子が育ってくれるかはまだまだ安心できる段階ではありませんが、40歳を迎えて不妊治療に明け暮れた日々を送ったことは私にとってベストな選択でした。

協力してくれた夫、心配してくれている両親×2には感謝感謝です。

 

このまま順調に育ってくれますように。

8週目の検診に行ってきました

11月半ばに干し始めた干し柿が完成しました!

甘くてねっとり、最高に美味しいです。

干し柿って子供のころは全然美味しいと思わなかったのですが、大人になると変わるものですね。

干すだけで鳥も食べなかった渋が抜けてくなんて不思議です。

 

さて。

リアルタイムとブログがずれているので、どんどん進みます。

目標にしていた7週が過ぎ、未知の世界へと突入です。

体調はというと、相変わらず食べづわりというやつです。

それも日内リズムがあって、午前中は比較的元気に過ごせるのですが、昼の3時以降くらいから下り坂。

むかむかと胃腸の不快感がこみ上げてきます。

 

間食をしたりとなるべく空腹になり過ぎないようには気を付けているのですが、不快感からは逃れられず。

食べている時は気持ち悪さを忘れさせてくれるので、お腹いっぱい食べていたのですが、そうしてしまうと食後に猛烈な気持ち悪さが迫ってくることがわかりました。

腹9分目くらいまでで頑張ってストップをかけるようにしたら、少し食後の不快感はマシになってきました。

その代わり寝る前くらいに猛烈な空腹を感じてしまうので、そうならないように21時くらいに甘い飲み物を摂るようにしました。

そうすると、調子はいいのですが、夜のおしっこが。。。(笑)

もともと頻尿気味ではあるのですが、妊娠後はさらに頻回。

そして21時台の飲み物でさらに出る。

夜中3回ぐらいトイレで起きてます。

けど、すぐまた寝れるんですけどね。

目が冴えないのも凄い。

 

トイレは諦めて悪阻対策のみ頑張ります。

 

さて。8週2日の検診です。

今回もそこそこは混んでいますが、前回ほどではなく。

たった5日の間にべべちゃんはいったいどうなっているのでしょうか?

ドキドキの内診です。

エコーを入れた後、カーテンが開けられます。

 

うっわ、袋自体もめっちゃ大きくなってるし、中身もめっちゃ大きくなってる!

大きい塊が2つあるように見えます。

体と頭かな??

ピコピコと心臓も動いています。

 

すごーい、たった5日でこの変化!

2倍か3倍くらいになってそう。

す、すごいわ胎児

生命のすばらしさに改めて感動。

 

内診後の診察で今後のスケジュールを相談しました。

この科で診るのは10週までとのこと。

10週の時に予定日が決まり、終了となるそうです。

これからどうする?と先生に聞かれたので、出産は里帰りの予定でそれまでの間はこの病院の産婦人科に通いたい旨を伝えました。

 

あぁ、そんな未来の話ができるようになってきたんだなぁ。

出産予定日なんて夢のまた夢のような気がしていましたが。

嬉しすぎます。

 

里帰り分娩の病院もリサーチ始めないとなぁ。

嬉しい悩みが増えてきました。

 

10週の診察を無事終え、役場で母子手帳をもらえたら両親に報告しようと思っています。

ぬか喜びさせたくない気持ちがやはり強くて中々言い出せません。

 

このまま順調に行きますように。

次は9週2日の検診の予定です。

次はどんなべべちゃんに会えるでしょうか?

楽しみでしかないです。

7週目の検診に行ってきました

昨日は恐ろしく寒い朝でした。

洗濯をしに外へ出ると、外は一面霜で真っ白。

つ、ついに来たか。。。

前回のブログで言っていた季節外れのド根性カボチャとトマトは案の上、霜にやられてしおしおになっていました。

あちゃー。

本格的な冬が始まった予感です。

さて。

1週間後の7週4日の検診へ行ってきました。

 

今回、べべちゃんの元気な様子が伺えれば前回の妊娠週数を超えるという大きな一歩が踏み出せます。

相変わらず悪阻で気持ち悪いし、マイナートラブルは続行中なので、大丈夫でありますように!!

 

病院に到着後、思ったのが

「人、多っ!!!!」

前回の受診時とまったく同じ曜日で時間帯なのに人の多さが全然違う。

こ、これは。。。

受付で診察券を出していると、今まで見たことのない「〇〇先生の診察が混み合っています」の看板。

私の先生はその〇〇先生。

いったいどれくらいかかるんだか。

私が通っている病院は総合病院の中にある不妊治療専門の科

地方都市にある数少ない専門科ですが、いつもそんなに待ちくたびれるほど待つことはないのです。

おそらく都会の不妊クリニックとかの方が絶対数多いのでもっと待つのではと思います。

がしかし、今日の混雑っぷりはすごい。

 

初めの診察までの待ち時間、内診までの待ち時間、結果を聞く診察までの待ち時間、注射を待つまでの待ち時間。

たっぷり待たせていただきました。

注射に至っては「忘れられてんじゃね?」と思うくらい。

現在、食べづわり真っ最中なので、空腹で待つほど辛いことはないのです。

あぁ、お菓子持ってきたら良かった。。。

 

で、ようやく呼ばれた内診。

いざ!

先生がカーテンを開けてくれるのを心待ちに。

開かれるカーテン、エコーを指し示す先生の手

「動いてるね」

前回のエコーでは黒い袋の中に小さい〇が見えただけだったものが

めっちゃ身詰まってる!!

めっちゃ大きくなってるー!

そして心臓と思われる部位がピコピコと動いてる。

 

ばんざーい!!!!

 

でかくなってるし、動いてる!

嬉しいよぉ。。

 

またニヤニヤ顔のまま内診台を降り、着替えながら鏡に映る自分の顔と喜びを分かち合う。

やったね、私!

内診室から出て、外待合にいる夫にこっそりと「動いてたよ」と伝えると

「まじで!」

とびっくりするぐらいのボリュームで夫が返事。

声、でかいって。(笑)

嬉しそうで何より。

 

結果の診察では前回と同様、エコーをもらいまた注射をして終わりとなりました。

次回の検診は私の都合で5日後となりました。

たった5日でどんだけ変わるんだろうと思いつつ。

 

目標だった7週を超え、これからは初めての領域。

いったいどんな感じになるんだろう。

 

次回は8週2日の予定。

順調に育っていますように。

 

病院を出た時はお腹ぺっこぺこ状態。

欲望のままがっつきましたとさ。

病院に行ってきました②

寒さのせいで、動くのがただただ億劫な毎日です。

 

私の億劫さをよそに、畑の作物たちは予想外の芽吹きを見せています。

立派な葉っぱが出てきたなぁ、なんだこれ?と思いつつ観察していたらとそれが開花。

こ、これは。。。

秋前に畑へ捨てたカボチャの種がどうも発芽した様子。(いつか生えるといいなと思って捨てた)

開花後、果たしてこの気温で身はなるんでしょうか?

そしてもう一つがトマト。

おそらく実が落ちたやつから発芽したのでは?

3本くらい出ています。

小さいまま枯れずに越冬できるといいなぁ。

植物、すごいです。

 

さて。

前回の胎嚢確認は別のクリニックでしてもらったのですが、今回こそはいつもの病院へ。

生理から数えると6週4日。

前回の妊娠は7週0日で終わってしまったので、ただただ命の灯が確認できることを願っていました。

出血もないし、胸の張りも続いている。

悪阻っぽい症状も出てきてるし、べべちゃん元気でいてくれてますように。

 

どきどきの内診タイム。

先生がエコーを入れるや否やエコーの動きはストップ。

こ、これはもしや。。。

先生ロックオンできた!?

お腹のカーテンが開けられる。

先生がエコーに指を差しながら「これやね」

エコーに写る画像。

先週見たエコーと違い黒い袋がかなり大きくなっていて、その中に白い〇が見える。

「ちらちらしてるのが心拍かなぁという感じやね」

 

やったぁー!!!!

10日間でめっちゃ大きくなってる!

すごい!

きゃー、うれしーー!!

内診台で小声で喜び爆発。

着替えている時に鏡に映っている笑顔丸出しの自分と目が合い、「やったねぇ」と心の中で称えあい、思わず涙が出そうでした。

 

内診後の診察で、10週までは1週間に1回ペースで受診を続けることになりました。

流産予防に注射を受けてってねとのこと。

そして、本来ならばこっちの話がメインに来るはずだった凍結胚盤砲の話。

胚盤砲の写真もいただきました。

グレードは4BBと記載されていました。

もう凍結が開始されているので、1年後まではこのまま保管していただけるよう。

こちらもとても愛しい写真でした。

この卵があってこその今回の妊娠。

まるでお腹の子のきょうだいの写真を見てるみたいな気がします。

元気に育ってくれてありがとうねー。

 

この卵をお腹に戻す日が来るのかどうか。

今はわかりません。

今はこの卵ちゃんに、ただただ感謝の気持ちです。

 

一緒に来てくれた夫もにっこにこです。

 

私たち夫婦のところに来てくれて本当にありがとう。

このまま順調に頑張っていこうね。

 

次は7週4日に受診予定。

まずは前回の妊娠週数を越えられるのが目標。

無事に辿り着けますように。

もしかして…、悪阻始まりました

今日は雨が降る前に近所にある公園の紅葉を見にお散歩。

深紅のものからオレンジ、緑と様々な色で楽しませてくれました。

あぁ、眼福♡

 

前回の妊娠は7週入ったところで残念にも終わってしまったので、ほとんど経験しなかったのですが、妊娠が発覚してから空腹が異様に辛い。

もうどうしようもなく空腹。

抗いようもなく空腹。

完敗の空腹。

 

「お腹減った」と感じるや否や食べないとむっちゃ気持ち悪い。

 

まさか5週から悪阻なんて早くねぇ?と気のせいに押し込めていたのですが、6週に入ったころから勢いを増してきました。

 

むかむかむかむか。

吐くまで行くほどの吐き気ではなく、胃の不快感。

食べている間だけがその不快感を感じない唯一の時間。

今まで以上に食に対する思いが強まってきました。(笑)

 

食べ終わって「ふぅー」と一息付くと、もうむっくりと不快感が顔を出して来ます。

いやいやいや、これまじか。

食べづわりってやつですか。

 

食べてりゃ癒されるという助け舟があるだけに、普通の悪阻よりマシだとは思うのですが、これはこれでしんどい。

そしていっつもお腹が空いているような胃酸たっぷり感

入浴後~就寝前までが特にひどい。

さっきあんだけ食べたんだから減ってるわけないのに!

 

空腹と吐き気と食欲

今、私を満たしているものはそれが全て。

残るは胸の痛みぐらいか。

胸の痛みは痛いことに慣れてきて、逆にあまり感じなくなりました。

不意に押し付けてしまったりして「うげぇっ」てなったりはしますが。

 

これが12週くらいまで続くとか。

しかももしかしたらひどくなるかもしれないなんて。

 

職業婦人で妊婦の方々、すごすぎます。

みんなもっと労わってあげてください。

産休、育休の前に「妊娠休」もあっていいのではないでしょうか?

ホント、すごいです。

自分の体調の変化だけでもてんてこ舞いなのに、仕事もこなすなんて。。

もっとこのすごい事実を世間は知るべきです!

 

田舎でのんびり妊婦暮らしができている自分がいかに幸せか身に沁みます。

どうぞ、職業婦人妊婦の方、無理され過ぎませんように。

旦那様、全力でサポートしてあげてくださいね。

 

前回の妊娠時とは違い、がっつり悪阻が出てきてくれるのはべべちゃんが順調な証拠。

母ちゃん頑張って腹減りと戦うからお腹でのんびりしててね。

 

さぁ、何食べよう!(笑)

病院に行ってきました

週半ばの寒さとは打って変わって、今週末は暖かかったです。

近くの山の紅葉がとてもきれいで出かけるたびにうっとりします。

寒さもこの程度で収まってくれたらちょうどいいのになぁ。

 

さて。

週末が明け、通院している病院に電話を掛けました。

「え?タイミングで?」

カルテを確認しながら電話応対していたであろう受付の人も驚いている。

受診をいつにするかの段階で、私のスケジュール的にその週は電話をかけたその日を除くと県外に出てしまい、今日しか行くことができない。

がしかし。

今日は手術日のため、外来予約をセーブしている&私が遠すぎて間に合いそうもない。

受付の方が先生にどうするかを一旦確認してから再度電話をすることに。

先生の見解は、翌週まで受診できないのはちょっと遅すぎる。なので取り敢えずうちの病院の産科かもしくは別病院の産科へ行って確認するのが良いとのこと。

 

まさかの展開。

総合病院の産科を予約なしの初診で行くなんて、待ち時間どうなるの??

どうせ、知らない先生に診てもらうんなら別のクリニックでも良いかと、前回流産の時にお世話になったクリニックに行ってみることに。

 

緊張を車にぎゅうぎゅう詰め込みながらいざ出発。

 

案の定、連休明けのクリニック混んでます。。。

分娩も受け入れている個人のクリニックなので、先生は外来の対応+お産の対応にも行かれます。

 

始めの診察に呼ばれるのが早かったので、完全に油断してしまいましたが、そこからの待ち時間が長い。。。。

内診までの長い長い時間。

前回受診時にお腹の大きな妊婦さんを見て、初めて本当に羨ましく感じたのを思い出しました。

今回も「あぁ、私も早くその域に到達したい!」と羨望のまなざしで見てしまいました。

ようやく内診に呼ばれ、内診台へ。

ここの産科は先生とのカーテンの仕切りがないので孤独感がありません。

声を掛けてもらいながら内診スタート。

 

どきどきどきどきどき

 

 

胎嚢が見えるか、どうか。

先生のエコーの手が止まり

「あぁー、まだちっちゃいなぁ。ちょっとまだどうなるか何とも言えへんなぁ」

エコーをガン見すると、小さい小さい袋が見えました。

 

やったーーーーーーー!!!!

 

取り敢えず着陸成功です。

脱、子宮外妊娠の危機は脱しました。

 

やった、見えた。

ちゃんと妊娠してた。。。

で、でもちっちゃいって。

 

嬉しいと、ちっちゃいと言われたことの不安とごちゃまぜの気持ちで内診終了。

 

そこからまた長い長い待ち時間。

私の診察まであともう一歩のとろこで先生お産へ出発。。。

 

ちーん。

詰んだ。

 

いつ帰ってくんだ、先生。

 

絶望の気持ちで中待合で呆然としていると、先生まさかの案外早く帰ってきた。

 

ようやく最後の診察に呼ばれる。

妊娠は無事に確認できました。

けれど、まだ小さいのでどうなるかはわからない。

週数の短い流産は高確率で起こること

等々リスクを説明していただきました。

エコーの写真をもらって無事終了。

 

計3時間は待ち時間だったように思う。

つ、疲れた。

空腹と口喝で体ボロボロでした。。。

お昼ご飯を食べられるお店までもたず、コンビニのイートインへ駆け込む。

妊娠の喜びと空腹のおかげでコンビニサンドイッチがご馳走でした。

 

やった、私また妊娠できた。

ようやく。

ようやく。

 

前回の流産から1年と2か月。

 

やっと私たち夫婦のところへやって来てくれました。

ありがとー。

 

帰ってエコーを見ながら夫に改めて報告。

夫もニコニコの様子でさっそくお腹に話しかけてくれました。

 

先生に言われた「ちっちゃいなー」が気になっていたけれど、前回生理から数えると週数5w1d。

そらちっちゃいわな。(笑)

 

はぁ、取り敢えず第一関門突破。

べべちゃん、無事に着陸してくれててありがとうね。

 

いつもの病院への受診は10日後。

6w4dの予定。

心拍見えるかな!?

 

この10日間無事に乗り切るぞ!

 

再検査してみました。その結果…

朝の冷え込みがだんだんきつくなってきましたね。

先日、寝ている時にあまりに足が冷えて中々寝付けませんでした。

翌日は毛布、敷き毛布とも揃え防寒対策ばっちりの冬支度をし、安眠を得ました。

 

さて。

待てど暮らせど、生理は来ない。

けれど妊娠した時のような兆候もまるでなし。

生理だけが忘れ去られた感じの日々を過ごしていました。

採卵でホルモンバランス崩れたから生理もおかしいのかなぁと思いつつ、それでも予定日を5日過ぎても生理が来なかったので、意を決して再検査。

 

トイレ内でお尻出したまま(笑)待つこと数分。

 

あぁ?!

 

陽性出ました!!

 

ひゃー!!!!

 

まじでか!?

 

まさかこのタイミングで!?

 

採卵後の移植前にまさかの陽性反応。

 

おそるべしホルモン補充。

 

夕ご飯時に夫に報告。

 

「えぇ!?まじで?うわ、すげー!!!やったな。」

 

感嘆詞盛りだくさんで喜んでくれました。

実はこの日、結婚記念日の前日。

夫婦になって丸2年の日でした。

そんな節目の日にこんな嬉しいプレゼントが舞い込んでくるとは。

感無量。

 

またあの毎日が猛烈に不安で、でも愛しい日々が始まるのか。

嬉しいのと不安とがごちゃまぜの感動。

 

あぁ、今ここにあなたはいるんやね。

まだ何も変化のないお腹をさすってみる。

 

週末だったため、週明けにクリニックに電話せねば。

 

まずはきちんと子宮内に着陸できてるかの確認。

ドキドキする。

無事にふかふかベットに到着しててね!!

 

やったー!!!