38歳から始まりました

38歳で結婚、田舎へ移住。現在39歳。急にやってきた変化に驚きつつな日々

初冬⁉始まりました

いやはや。

寒いです。

こっちの寒さに慣れていない私たちだけが寒いのかもと思っていましたが、ご近所さんもダウンベストを着ていたりとそれなりの防寒アイテムお召しでした。

曇り空且つ、風。

まるで初冬の雰囲気を感じさせる朝でした。

 

が、しかし。

今日は夫と近所の山へハイキングの予定でした。

寒さよりも登っている時の暑さ対策に重点を置いていたのですが、登山口手前のトイレ休憩で失敗だったことに気づきました。

寝ぐせ対策でかぶってきたニット帽がどんなに役立ったか。

 

お手軽ハイキングのつもりでしたが、山頂までもう少しのところで道を間違え、ラストは命を感じながら斜面を上がるというわけのわからん危険と戦いながらの登頂でした。

噂に聞いていた通り、まったく眺望がない山頂。

今回のハイキングは山頂が目的ではなく、ボルダリング用の岩探しだったからいいんですけどね。

いい岩たくさん見つかりましたが、もうちょい景色が良くってもいいのにな。

お昼ごはんはそこから移動して展望台で。

景色が良くて気持ちよかったですが、寒さでさっさと退散。

車に戻ると手がかじかんで真っ白に。

 

あぁ、もう冬が始まってしまう。。。

 

帰ってからお向かいの仲良しおじちゃんへ山頂の眺望のイマイチさを報告。

すると思っていなかった返答が。

昔は木が低かったから歩いている人まで見えた、とのこと。

そうか!

木が大きくなって眺望が悪くなってしまったのか。

はげしく納得。

 

都会にいると山の木はずっと大きいというイメージしかありませんでしたが、そうではないんですよね。

植樹した木は10年、20年を経て大きな木へと成長するんですね。

うむうむ、なるほど。

 

これから紅葉シーズン到来。

山だらけの田舎生活なので満喫しようと思います。