38歳から始まりました

38歳で結婚、田舎へ移住2年目。現在40歳。田舎暮らしに、不妊治療。急にやってきた変化に驚きつつな日々

夫、泌尿器科へ行く

かなり日差しの強い1日でしたね。

ゴーヤのための支柱を立てる作業で汗だくに。

頑張って育つんだぞ~。

 

今週の木曜日に夫、今通っている病院内の泌尿器科へ受診となりました。

大雨が降る中、いってらっしゃい。

うちの町から病院まで1時間ちょい。

なので往復3時間ほど。

14時の予約だったので、帰ってきたのは17時を過ぎていました。

お疲れさんでした。

 

今日は検査(検尿とエコー)と検査の予約のみだったそう。

人生初の部位の精巣エコーを身振り手振りで実演してくれました。(笑)

 

エコーでは、センターくんが邪魔なのでタオルでセンターくんをぺローンと巻き上げ、元のポジションへ戻って来ないようタオルで押さえておく役を仰せつかったそう。(笑)

まぁ、他人に押さえてもらうより、自分でコントロールした方がそりゃいいわね。

 

「もう少し足開いてくださいとか言われちゃった♡」

楽しそうでよかったわい。

 

採血は外注検査のようで後日となりました。

しかも結果が出るまで2∼3週間はかかるとこのこと。

なので、来週早々に採血に行って、結果を聞きに行けるのは7月の下旬。

早めに受診しておいてよかったです。

 

あ、私事と言えば、風疹ワクチンの助成金の申請を役場にして来ました。

田舎なのでソッコーレスポンスがあり、来月早々には助成金3000円振り込まれるそうです。

接種代が8800円だったので、「え、そんだけ?」って思ってしまう自分もいたりして。。。

半額にも満たないこの金額の根拠はいったい何なんでしょ。

いかんいかん、もらえるだけでありがたいと思わねば。

 

6月もあと2日で終了。

なんだか盛沢山な6月だったなぁ。

次2回生理が済むまでは避妊必須なので、基礎体温を測るモチベーションも全然わきませんね。

7月はいったいどんな月になるのやら。